スタッフ紹介ページ


クローバー とりきち横丁スタッフ紹介 クローバー
2019.07.09 現在 
※試用期間中のスタッフ、短期アルバイトは入っていません。


私たちが皆様に品物を、ドイツと日本から、
心をこめてお届けいたします。
ハンドルネームもしくは本名でご紹介します。


代表  シシイ家原 弥生 (出身:大阪)


鳥が好きな母親の影響で、
物心がついた小学生の頃から小鳥に囲まれて
生活してきました。

2002年から留学を機に、
ドイツ・ベルリンで暮らし始めました。

以来、自然が豊かで、動物への優しい眼差しを
もったドイツが大好きです。

ベルリンを拠点とするお店、とりきち横丁は、
愛鳥大国ドイツの良さを知っていただければ
との思いで、2008年に立ち上げ、
2012年からは法人Torikichi Yokochou GmbHとなりました。

優れた品質のビオ(オーガニック)、
無農薬の鳥のご飯類や、豊富なサプリメント、
生活用品、オモチャにいたるまで、ドイツの
鳥事情とともにご紹介していくことに、
これからも心を砕いていきたいと思います。

より大きいお店にすることを考えるよりも、
私は、ドイツと日本のスタッフとともに、
とりきち横丁を、より温かみのある、
お客様との距離を感じさせない、唯一無二の
お店に育てていきたいと思います。

2018年秋の大きな植物検疫制度の変更に伴い、
翌年2月からドイツ発の商品を、大阪市に
設立された日本支社からお届けすることとなりました。

再販までの道のりは、まさに苦難の
連続でしたが、今では少しずつ正常化し、
お客さまに確実かつスピーディにお荷物を
お受け取りいただけるようになりました。

ドイツから私一人でできることは限られ
ていますが、鳥を愛する者同士が手を
取り合って、より良い環境を模索し続けて
いければ、鳥も、人もそして社会を含めた
「小鳥の世界」が幸せになると強く信じています。

とりきち横丁の商品は、シードを中心として、
豊富なサイドメニュー、サプリメントを
組み合わせた構成となっています。

ペレット食の鳥さんにも、日々の気分転換の
おやつをぜひ見つけて、ご褒美としてあげて
欲しいですし、未知のご飯、おやつをぜひ開拓してみてください!

ドイツ、そしてヨーロッパならではの優れた
鳥の用品や雑貨もご用意しています。

私個人のブログは現在、とりきち横丁の公式ブログとなっています。

ドイツの鳥事情、鳥たちとの日常を綴っています。

とりきち横丁商品についても時々、
オフィスの鳥たちとともにご紹介していますので、
ぜひお立ち寄りください♪

ブログ 「とりきちTagebuch」


日本支社長 徳永康之(チル)
  (出身:大阪)



2018年11月6日、新たにとりきち横丁の
仲間に加わりました日本支社長のチルこと、
徳永康之です。

大阪万博の年に生まれ、大阪で育ち、
今も大阪で暮らしています。

鳥飼い歴は10年ほどとそれほど長くは
ありませんが、日々の生活に癒しを与えて
くれる鳥の魅力にすっかりはまり、
今では鳥のいない生活は考えられません。

また、とりきちさんとの不思議なご縁で
とりきち横丁の一員となり、
「小鳥の世界を幸せにする」ために仕事が
できる幸せを日々感じています。

とりきち横丁のお客さまに安定して商品を
お届けするために、また、とりきち横丁が
お客さまにとってもっと身近な存在と
なるために、日本支社をしっかり運営して
まいりますので、よろしくお願いいたします。


ブログ:青い鳥を探して~とりきち横丁 日本支社だより~
https://ameblo.jp/chiru-san-desu/


札幌店 店長 齊田茜(あかね)
   (出身:北海道)



北海道函館市出身の齊田茜(あかね)です。

セキセイインコ2羽(はなび&とろろ)、
カナリア4羽(ボンボン&フェンネル、
その子どものチコリー&ヴィスキー)と一緒に暮らしています。

2015年11月から約2年半、国内スタッフとして
お手伝いさせていただいた後、2018年9月末に
「とりきち横丁札幌店(実店舗第1号店)」をオープンいたしました。

もともとはイチお客さんとして出会った
”とりきち横丁”。

身をもって実感した商品の良さや、ドイツの
飼鳥事情など、私の大好きな故郷で、愛鳥家の
みなさまにお伝えしております。

ドイツ式の動物愛護精神を大切にしながら、
鳥さんと暮らしやすい環境づくり、
鳥さんの幸せを第一に考えたお店づくりを、
まずは北海道から目指してまいります。

愛鳥さんの喜ぶ姿、飼い主さまの笑顔に、
もっともっと出会えますように…!

札幌にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ(*^-^*)

札幌店ホームページ:


日本支社スタッフ
  ユカリ(徳永ゆかり)(出身:大阪)


大阪生まれの大阪育ち。
幼い頃から小さな命と泣いて笑っての
暮らしを経て現在は6羽になった我が家の
愛鳥たち「ぴーぽんズ」のかあちゃんと
しての生活が日々の楽しみであり生きがいです(*^-^*)

うちの子が喜ぶ「うましなもの」。
うちの子が遊ぶ「楽しいもの」。
安心して与えてあげられるものはどこに?

そう思いながら2009年、
当時不慣れなネットで探し求めてたどりついた
「とりきち横丁」と「とりきちさん」は
それまでの私の人生と家族と鳥たちとの生活を
大きく変えていきました。

いちお客さまとして始まった横丁とのご縁は
ボランティアスタッフから国内スタッフ、
そして現在は支社スタッフとなりました。

いつの間にか横丁スタッフとしては
古株になりましたがメールやお荷物の
向こう側のお客さまと愛鳥さんを
想いながら日々丁寧に業務にあたることを心がけています。

小さくてふわふわで、愛らしく賢い小鳥。

そんないとしい存在との生活を大切にしたい
というお客さまと同じ想いで、
これからも一生懸命努めてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします!

ブログ:ぴーぽんズ日記


日本支社スタッフ  ちき(出身:兵庫)



兵庫県在住のちきです。
2015年11月より約3年間、国内スタッフ
としてお手伝いしてまいりましたが、
2019年1月より日本支社スタッフの一員として
引き続き横丁のお手伝いをして参ります(*^^*)

現在のインコファミリーは個性豊かな2羽の
サザナミインコ、ルナ(2015/9月産まれ♂)と
スピカ(2019/2月産まれ♂)です。

鳥飼歴は長いのですが、2018年2月に9歳で
お星様になった最愛のセキセイインコの
ピンちゃんを約3年介護したことが鳥さん
との生活を見つめ直すきっかけとなりました。

ピンちゃんとの生活で学んだ事を決して
無駄にしないよう、幼鳥さんから老鳥さん、
個性のある鳥さん(自分のありのままを
淡々と受け入れて生きる子達にあえて
障がいと言いません)に、できる限り寄り添い、
皆さんの愛鳥さんの生活のお手伝いができるよう頑張ってまいります!

Twitter→@tikitiki67
Instagram→tikitiki_cocopinrin
※ブログはお休み中です


東京イベント担当スタッフ 
   まゆみ(出身:東京)


東京都武蔵野市在住の まゆみ です。

2017年8月から国内発送スタッフに加わり、
日本支社設立後は東京のイベント担当スタッフ
としてお手伝いをさせて頂いています。

鳥飼いデビューは、現在お世話している
セキセイインコさん(雄・2014年6月生まれ)からです。

まだまだひよっこ飼い主ですが、彼に捧ぐ
愛情の熱さと深さは超ド級!のつもりで、
一緒の時間を大切にお世話しています。

うちのインコさんがいつも大喜びの
とりきち横丁の商品。

その様子を見るのが嬉しくて、ウキウキと、
とりきち横丁でお買い物を続けるうちに、
私もとりきち横丁のファンになりました。

これからもこの素晴らしい商品たちを、
1羽でも1人でも多くの鳥飼いさんと
その愛鳥さんに、知ってもらえる
お手伝いをしたいと思っています。

よろしくお願いします。


日本支社スタッフ  こころ(出身:大阪)


とりきち横丁 日本支社スタッフの
こころです。

主に計量・梱包を
担当させていただいております。

私は小学生の頃から今まで
インコと暮らしています。

私にとってのインコたちは
兄妹のような存在です。

そんな我が家のインコたちが大好きな
とりきち横丁の商品に囲まれて、日々幸せを
感じながら業務にあたっています。

私自身も感じていた、荷物を開けたときの
わくわくや喜びをお客さまにも感じて
いだたけるよう試行錯誤しながら
頑張ってまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。


日本支社スタッフ  マキ(出身:兵庫)



この度、日本支社 横丁ファミリーの
一員になったマキと申します。
(もちろん、お客様も横丁ファミリーです!)

子供の頃、祖父にセキセイインコをもらい、
手乗りにしたのが 最初の小鳥デビューです。

現在は、生き物大好きな主人と
マメルリハ2羽と暮らしています。

まわりに鳥仲間がいなくて、不安や悩みも
いっぱいな時、初めて「とりきち横丁」の
HPを見つけて 本当に感動したことを
今でも覚えています。

未経験の計量や梱包という仕事は、
想像していたよりも緊張の連続で
おしゃべりな私が無口になるほどでしたが、
喜んで下さるお客様や 鳥さんの事を考えると、
俄然ヤル気が湧き上がります!

これからも、「開けて嬉しい!
あげて嬉しい!」鳥さんごはんを
お客様にしっかり届けていきます。

機会があれば、お客様と食いしん坊の
マメ談義できるのを楽しみにしています。


日本支社スタッフ
    小杉歩美(しょごす)(出身:奈良)



2019年1月より、日本支社の末席に加えて
いただきました小杉歩美(しょごす)です。

小さな頃から鳥さんとのご縁があり、
これまで迷い鳥や野鳥を何度となく
保護してきました。

現在、生まれ育った奈良市で、
オカメインコの男の子と一緒に暮らしています。

とりきち横丁との出会いは、札幌店の
あかねさんのクラウドファンディングがきっかけです。

鳥さん専門のお店、しかも無農薬のおいしい
ごはんを取り扱っているネットショップが
あることを初めて知り、注文したごはんを
喜んで食べる愛鳥の姿に嬉しい驚きを受けました。

あの時の、世界が変わったような感覚は
今でも忘れられません。

ご注文くださるお客様のそばに、
それぞれかけがえのない愛鳥さんがいる。

どんな鳥さんが何羽いるのかな、
何歳くらいで、どんな子なんだろう?

そんなことをいつも考えながら、一品一品を
ピッキングし、計量をする毎日です。

より早く、より確実にお手元に商品を
お届けするため、そしてすべての鳥さんが
心地よく暮らせるよう、微力ではありますが
これからも努力し続けたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

Twitterアカウント:@Shoggotter


ドイツスタッフ あみ(出身:東京)


はじめまして、あみです。
役者としてベルリンを拠点に活動しております。

2018年の7月よりベルリンのとりきち横丁で
鳥さんたちのお世話に携わったことがきっかけで
鳥さんの世界に魅了され、この度スタッフとして加わりました。

まだまだ半ピヨですが、
代表のとりきちさんと一緒にドイツより
日本の鳥さんたちに素敵な商品と横丁の
小鳥さんたちとの生活の様子も合わせて
お届けしていきたいと思います!

小鳥さんビギナーでまだまだ未知な
鳥の世界をこれから深めていきたいと
思いますのでどうぞ宜しくお願い致します!

Twitterアカウント:@4mi0gura


 日本支社スタッフ  のり(出身:埼玉)



日本支社スタッフとして、働かせていただくことに
なりました、のりです。

セキセイインコ2羽(りん、ピノ)と一緒に
楽しく暮らしています。

小学生の頃から、鳥好きの母の影響で、
セキセイインコやオカメインコと共に過ごして
きました。その頃から、鳥さんが大好きです。

自分で初めてお迎えしたセキセイインコが
高齢で足を悪くし、何かいいものがないか
探していた時に出会ったのが、とりきち横丁の
鳥用のプロポリスです。

鳥さん用のプロポリスがあるなんて、とても
驚きました。それと同時に小さな希望が湧いて
きたのを、今でも覚えています。
お客様にも他にはないドイツの商品をお届けして、
愛鳥さんの健康や、快適な生活、喜びに繋がる
お手伝いが出来れば嬉しく思います。

イベントなどで、鳥好きの皆様とお会いできる
機会を楽しみにしています。
その際は、是非お気軽にお声掛け下さい。

ご利用ガイド

初めてご来店のお客様は必ず以下のページををご覧ください

お買い物の流れ

発送方法と送料について

docomo・auでスマートフォンご利用のお客様へ

とりきち横丁ご紹介

愛鳥大国ドイツが誇る無農薬シード、サプリメント、天然素材の鳥用品、珍しい鳥の雑貨のお店です。ドイツの香りとともに、一つ一つ心をこめて大阪市の日本支社よりスピーディにお届けします。ごゆっくりお買い物をお楽しみください♪

シシイ家原弥生(とりきち)

営業時間

ご注文は24時間受付けております。現在冬時間のため
メール応対&発送業務は日本時間の 17時から24時まで
定休日はドイツの金土日&祝祭日です。

リンク